fusionplace - 経営管理×ITの広場

経営管理×IT、そして経営管理クラウド fusion_place に関する情報を発信します

これからの経営管理

経営管理・管理会計・予算管理のこれからについて、フュージョンズが考えていることをお伝えしていきます。

東急株式会社様 2万ユーザー様でfusion_place本格運用開始

東急株式会社様は、2万ユーザー様でfusion_placeの本格運用を開始されました。

グループ経営管理システムの未来―各社にワークスペースを

連結データ収集システムは、グループ会社に多大な業務負荷を強いている反面、グループ全体の経営管理レベルの向上に貢献していません。システムの設計上、本社が必要とする情報を「提出させる」という一点に視野が狭窄していて、「本社への報告業務」の全体…

とても地味な業務システムの世界で創意工夫をして楽しむ方法(日経XTECH寄稿)

日経XTECHへの寄稿の2回目です。現場力を支える経営管理では、経営管理システムが支えるべきユーザーの数、データの量、要件の多様性が、従来とは比較にならないほど大きくなります。そしてそれらを支えるために技術面の革新が必要です。

予算管理システム導入時の考慮点 ③ーそして現場力を喚起する経営管理へ

前々回と前回、予算管理システムを整備するにあたって、 トップと現場にとって分かりやすい管理会計システムを提案すること、現場部門に対する情報提供を優先すること、早く運用にのせることを強調しました。 今回はその後のプロジェクトをガイドするビジョ…

経営トップは計器無しで雲の中を飛んでいる、事故の前に見直しを(日経XTECH寄稿)

「経営トップは計器無しで雲の中を飛んでいる、事故の前に見直しを」と題して日経XTECHに寄稿しました。

フュージョンズが考える経営管理DX ー現場力を喚起する経営管理ー ご紹介動画

「トップと現場の視点を統合。貴社独自の経営管理DXを実現するレゴブロック的なクラウドシステム」と銘打って、フュージョンズが考える経営管理DX「現場力を喚起する経営管理」についてご紹介しています。

詳細ベース予算管理で、変化に対応する

トランザクションベースド・プランニングは、部門・勘定科目に加えて、案件など活動に即した粒度で予算を作成し、実績も伝票単位で案件に紐づけて予実対比する予算管理手法です。